オートレース振興業務

オートレース振興業務のうち、一部を紹介します

オートレース事業部

■企画課 ■事業推進課 ■広報課

オートレース事業部では、オートレースに関する広報・宣伝のほか、新規施策の企画立案、場外車券売場設置に関する業務、オートレース情報処理システムの運営及び改善に関する業務等を行っています。
オートレース事業の振興に関する業務を幅広く担う部署です。

事業推進課

オートレース事業推進課では、オートレースの開催日程等施行者との各種調整、インターネット投票の推進、基幹システムの開発・運用・推進等の業務を行っています。

基幹システムの開発業務では、オフィシャルWEBサイト等のお客様向けWEBシステムや関係者向けの業務システムを社内で開発し、運用を行っています。システムを内製する事で、職員が考えた企画をスピーディに実行でき、自分達の想いを形する事ができています。お客様の声をタイムリーにサービスを反映できる事も魅力です。


オートレース業務部

■業務課 ■あっせん課

オートレース業務部では、オートレース競走を公正安全に実施するための諸規則やルールの制定、審判の実施方法や競走車の検査方法等の策定及び改善、オートレース審判員等に対する訓練、オートレース選手及び審判員の検定、登録及び訓練、競走車の検査及び登録、オートレース選手の出場あっせん等の業務を実施しています。
オートレース事業の公正安全な運営を確保するための業務を広く行っています。

業務課

オートレース業務課では、レースに使用する競走車の登録、審判員及び選手の検定・登録、競走の公正安全かつ円滑な実施を確保するため、選手の罰則管理、事故防止の訓練に係る業務等を行っています。また、より魅力的なレースを実現するため、厳格なルールの策定なども大事な仕事の一つとなっています。

特に、審判員の検定業務では、公正安全なレースの実施に欠かせない審判員が重要な役割を担っておりますので、審判員を目指す方に対し、オートレースに必要な知識を習得させ、審判実務の訓練を行い技術の向上を図ります。
検定試験を経て見事審判員に合格された方が、難しいレース内容に際しても、確固たる信念に基づき、正確かつ迅速に判定を行っている姿を見るたびに大きな充足感を感じます。


オートレース選手養成所

■養成課

オートレース選手養成所では、オートレース選手候補生の募集及び入所試験の実施、選手候補生の教育等を実施しております。
公営競技であるオートレースの選手には、お客様の賭けの対象として公正安全なレースが義務付けられます。厳しい訓練と規則正しい生活を通して、お客様の期待と信頼に応えられる走行技能と職業倫理を備えた選手を養成しています。

オートレース選手養成所は、茨城県下妻市のつくばサーキット内にある「オートレース選手養成所」において、全国5場ある各オートレース場に選手を配属させることを目的に選手養成業務を行う部署になります。

選手養成は現在隔年で募集を行っており、各種試験により選考された候補生の養成期間は9ヶ月。訓練は合宿形式で行われ、早朝のランニング・体操から夜10時の消灯まで続けられます。この間、養成所職員は教官として訓練に携わり、走行・整備・法規など選手になる為に必要な知識を候補生に対して指導します。同じ釜の飯を食べた者同士、絆は強く、選手として送り出した時の達成感は他では味わえない魅力的な仕事です。

PAGE TOP