世界の「KEIRIN」

新プロジェクト始動

静岡県伊豆市にある伊豆ベロドローム

2016年4月、「世界で戦える競輪選手を作る」ことを主目的として、JKAは、オリンピック自転車トラック競技の開催地である静岡県伊豆市に、新たなセクションである「自転車競技振興室」を立ち上げました。

自転車競技振興室では、海外からコーチを招聘し、日本自転車競技連盟(JCF)と連携しながら、最先端のコーチングプログラム構築や、世界で戦う競輪選手の強化及びトレーニング環境の改善に取り組んでいます。

オリンピック種目「ケイリン」

競輪は日本生まれの自転車競技ですが、その迫力や駆け引きの面白さが認められ1980年に世界選手権の種目として採用。2000年シドニーオリンピックからはオリンピック正式種目になりました。

その背景には、JKA(当時:日本自転車振興会)の取り組みもさることながら、国際自転車競技大会における競輪選手の活躍があります。1977年から1986年にかけて世界選手権10連覇を達成した中野浩一選手を筆頭に、競輪選手の活躍によって日本の「競輪」が海外に広く認知され、日本国内での競輪のイメージ向上にも寄与することになりました。

1996年のアトランタからは競輪選手がオリンピックに出場できるようになり、以来、多くのメダリストを輩出しています。


JKAの取り組み

ナショナルチームコーチに就任したブノワ・ベトゥ氏(左)とジェイソン・ニブレット氏(右)

2015年、日本競輪学校の近隣にある「伊豆ベロドローム」が、オリンピック自転車トラック競技会場として決定しました。2016年11月、JKAと日本自転車競技連盟は、日本競輪学校と伊豆ベロドロームを拠点とした強化育成システムの構築を行い、世界で活躍できるトラック短距離選手を育てることを目的として、日本競輪学校内に「ハイパフォーマンスディビジョン(HPD)」を設置しました。

海外から2名のコーチを招聘し、最先端の機器とトレーニング理論によって、選手強化体制を再構築することになりました。

これらの取り組みの最終目標は、もちろんオリンピックでのメダル獲得です。

その成果は着実に出ており、2017ー18シーズンのワールドカップシリーズにおける日本勢のメダルラッシュや、2018年世界選手権における河端朋之選手のケイリン種目銀メダル(25年ぶり)は、オリンピックでのメダル獲得に手が届くようになったことを実感させてくれました。

競輪は多くの人々にとってまだまだ身近な存在ではありませんが、競輪選手が世界で活躍して結果を残せば、競輪に興味を持ってくれる方が増え、競輪と自転車競技双方の人気拡大に繋がると考えています。

2018年3月、世界選手権の男子ケイリン種目で河端朋之選手が銀メダル獲得。

自転車競技の振興

メダル獲得に向けた取り組み以外にも、自転車競技振興室の業務は多岐にわたります。

自転車競技をメジャースポーツへと進化させ、自転車競技者層を拡大すること。競輪と自転車競技、プロとアマチュアの垣根を取り払い、相乗効果によって双方の発展に繋げることなど課題は山積しています。

例えば、自転車競技者層の拡大を図るための取り組みとして、毎年、「ガールズサマーキャンプ」と呼ばれる女子競技者向けのトレーニングキャンプなども行っています。今後は、男子の競技者向けのキャンプも企画していく予定です。

その他、トラックレースやロードレースファンと競輪をつなぐためのイベントなど、様々な事業に取り組んでいます。

海外の選手とガールズケイリンイベント
2017宇都宮ジャパンカップでのガールズケイリンスペシャルレース

担当者の言葉

自転車競技振興室での業務の魅力は、グローバルな仕事が出来ること。海外の選手、コーチや各国競技連盟の強化担当、国際自転車競技連合のスタッフなど、世界中に仕事のパートナーや友人が出来ます。

ガールズサマーキャンプに来ていた初心者の選手が、何年か経って国際大会でメダルを獲ったりした時は、嬉しさとともにこの上ないやりがいを感じます。

今年、25年ぶりに世界選手権ケイリン種目で競輪選手が銀メダルを獲得した際には、自然と涙が流れました。

JKAを知るためのキーワード

PAGE TOP