本文へスキップ

ワークライフバランス

JKAでの働き方

JKAでは、仕事だけでなくプライベートも充実させられるよう、また、結婚・出産・育児、介護等のライフイベントを経ても安心して長く勤められるよう、さまざまな制度を設けています。

仕事のオンオフもはっきりしています!

【勤務関係】

所定労働時間 7時間
品川本部の場合:勤務時間9:30~17:30 内、休憩時間1時間 ※1
平均残業時間 月14.35時間  ※2019年度実績
ノー残業デー 毎月第1・3水曜日
休日日数 127日(土日祝、年末年始、創立記念日) ※2019年度実績
平均勤続年数 25年

※1 開催現場における始業・就業時刻については、所定7時間労働の範囲で開催ごとに異なります

一日の所定労働時間として「8時間」を採用している企業の割合が最も多い中、JKAでは7時間制を採用しています。

残業時間は平均で月14.35時間と多くありません。終業後などプライベートの時間を充分に確保できますし、仕事のオンオフもはっきりしています。このようにワークライフバランスがとれていることが、「平均勤続年数25年」と長く勤められることにもつながっています。


【休暇関係】

有給休暇の他に夏季特別休暇が9日間!

休暇が比較的多く、かつ、取りやすい職場です。

プライベートを充実させることが、意欲的に仕事に取り組み効率よく働くことにもつながります。JKAでは、仕事だけでなくプライベートも充実したものにしてもらえるよう、また、安心して長く働いてもらえるよう、いろいろな休暇制度を設けています。

有給休暇

勤続年数に応じて、以下の日数の有給休暇が付与されます。 

法律上の原則的な運用だと、入社日から6カ月継続して勤務し、全労働日の8割以上を出勤した場合に有給休暇が付与されますが、JKAでは入社日に有給休暇が付与されます。

勤続年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目以降
年次有給休暇日数 10日 11日 12日 13日 16日 18日 20日

※半日単位でも取得できます。

年休取得率 57.8%  平均取得日数 10.6

2019年度から、有給休暇5日間取得が義務化されましたので、全員、最低でも5日は取得することになります。

その年に取得しなかった有給休暇については、最大20日分を次年度に繰り越すことができます。

また、繰り越すことのできなかった年次有給休暇は、保存有給休暇として最大120日積み立てが可能で、中長期病気療養などの際に利用することができます。病気やケガなど不測の事態があっても最大120日間有給で休むことができるという点も、安心して長く勤められることにつながっています。

特別休暇

夏季特別休暇    日間

夏季特別休暇取得率は毎年8割超!

夏季特別休暇は複数回に分けても取得可能ですが、なるべく2日以上は連続して取得する方針としています。

※2019年度から有給休暇5日間の取得が義務化されましたので、JKAではほぼ全ての職員が少なくとも14日(有給休暇の5日+夏季特別休暇の9日)の休暇を取得することになります。

その他の特別休暇として、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休暇、看護休暇、介護休暇、裁判員休暇等の制度もあります。(※特別休暇はすべて有給です)


【出産・育児】

出産を経ての復職率ほぼ100% 出産が理由の退職はほぼゼロ

子育てしながらも働きやすい職場です。

JKAでは、出産を経た後も安心して復帰できるよう、また、育児と仕事の両立ができるよう、各制度を設けています。出産を経てからの復職率はほぼ100%、出産を機に退職する職員はほぼゼロと、子育てしながらも働きやすい職場です。

◆産前産後休暇(有給)

産前6週間、産後8週間は産前産後休暇が取得できます。

◆育児休業

育児休業後も引き続き勤務する意思がある場合、子どもが満1歳になるまで育児休業が取得可能です。(特別な事情がある場合は、子どもが満2歳になるまで延長可)

◆時短勤務

育児休業後、子どもが満3歳になるまでは時短勤務が可能です。(所定労働時間5時間もしくは6時間)
なお、勤務時間帯は複数ある中から選択することができます。

◆育児時間

子どもが満1歳になるまでの間、1日につき30分ずつ2回の育児時間を取得することが可能です。
上記の時短勤務とは別に、始業直後や終業直前の60分などでまとめて取得することができます。

◆看護休暇(有給)

子どもが小学校就学前であれば、その子の病気やケガの世話により休暇を取得したい場合、1年間に5日(未就学児が2人以上いる場合は、年間10日)を限度として看護休暇が取得できます。※半日単位で取得可


【介護】

介護休暇、介護休業、時短勤務制度あり!

JKAでは、家族に介護が必要となっても安心して働くことができるよう、介護に関する制度を設けています。

◆介護休暇(有給)

介護を必要とする家族1人につき、年間5日間(対象家族が2人以上いる場合は、年間10日)を限度として介護休暇が取得できます。※半日単位で取得可

◆介護休業

介護を必要とする家族1人につき、のべ93日間介護休業をすることができます。

◆時短勤務

対象家族1人当たり最大3年間、時短勤務が可能です。(所定労働時間5時間もしくは6時間)


【その他】

◆離職率

離職率 4.4%

直近過去3年間の新卒者及び中途採用者の離職率は4.4%です。

◆平均年齢

平均年齢 47歳

平均年齢は47歳です。若干高いですが、その分、若いうちから活躍の場が与えられます。自分のアイデアや意見を積極的に発言するチャンスも多くあり、新しい施策などで若手職員の意見が採用されることも多くあります。

◆ジョブローテーション

数年ごとにジョブローテーションを実施しています。多くの部署を経験することにより各部署の業務への理解が深まり、多角的な視点を身につけることができます。また、さまざまな職員と関わることで社内ネットワークが広がるため、他部署との連携も取りやすくなります。

ジョブローテーションによって未経験の業務にもチャレンジできるので、事業内容及び現状を俯瞰する力や、マネジメントスキルを養うことにもつながっています。

PAGE TOP