本文へスキップ

女性の活躍推進に関する目標と取り組み

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように目標・行動計画を策定する。


1. 計画期間

令和2年4月1日から令和7年3月31日

2. 本財団の課題

(1)採用において、女性の応募者が相対的に少なく、これにより採用者に占める女性の割合も少なくなっている。

(2)過去の採用においても同様であったことから、全職員に占める女性の割合が少ない。

(3)柔軟な勤務形態の導入も含めて、業務の生産性を高める取組みを進める必要がある。

3. 目標と取組内容

(1)採用者に占める女性比率を20%以上とする

   取組内容:女性職員とその活躍についてPRし、女性応募者を拡大する。

(2)課長職以上に占める女性比率を2020年4月1日時点との比較で5倍以上とする

   取組内容:柔軟な働き方の導入、残業時間の更なる縮減等により、家庭生活との両立が可能な雇用環境を整備する。

女性の活躍推進に関する情報の公表

1.新卒採用職員に占める女性職員の割合

【2020年度新卒採用】

採用者  男性:10名 女性:4名  28.6%

2.職員の一月あたりの平均残業時間

  平均14.3時間 ※法定内残業時間を含む

3.職員の有給休暇等の平均取得率

 (1)年次有給休暇

    2019年度 57.8%

 (2)夏季特別休暇

    2019年度 83.8%

PAGE TOP